あなたがもし腰痛になって整形外科を受診しても医学的に問題ないと診断されたと仮定します。

そこでは大多数のかたが特別問題がないと診断され一応安心します。

しかしながら肝心の腰痛は3か月経過しても一向に改善しません。

その場合あなたはどこに行きますか?

私が推奨するのは間違いなく関節ニュートラル整体をマスターしたセラピストです。

その理由は症状が腰痛だけだったとしても、その原因は股関節にあったり、足首にあったり(アキレス腱の拘縮)、胸椎や頚椎の拘縮にあるケースが珍しくないからです。

したがって全身にある約200個の関節の弾力の検査は必要不可欠なのです。

私は3歳の時に遭遇したバイク事故で頭がい骨骨折という重大なけがを経験しました。

それを皮切りに合計で5か所の骨折を経験し、17歳の時から40歳までそれらの後遺症に悩まされました。

このように自分の苦しみを克服する必要に迫られた結果誕生した技術が関節ニュートラル整体なのです。

ここで関節ニュートラル整体について説明します。

関節ニュートラル整体のベースは次の3種類です。

1、カイロプラクティックの最も効果があるテクニックの一つであるモーションパルペーション&マニュピュレーション(動的触診法と手技療法)。

2、理学療法の進化発展形であるPNF(固有受容性神経筋促通手技)。

3、体のゆがみを整えるための筋力トレーニング。

簡単に言うと、これらの技術を超高齢化社会に対応できるように進化発展し応用した技術が、関節ニュートラル整体なのです。

ところであなたは「代替医療解剖」という本を読んだことが在りますか?

その中にカイロプラクティックの真実という章がありますので是非ご一読ください。

要約するとカイロプラクティックな関節の痛みの改善に対しては効果が認められるが、病気の改善に対しては思い込み程度(プラシーボ効果)であると結論付けられています。

これは他の代替療法(ホメオパシー、鍼灸、ハーブ療法、祈り、磁気療法、など)でも同様な結果でした。

この本の内容は、二重盲検テストなどを用いたものですので十分に信頼できます。

関節ニュートラル整体はその名の通り関節の痛みの根本改善を目指す技術です。

簡単に言うと関節の手術の専門家は世界中にいますが、修理の専門家はどこにもいないのです。

そこで必要に迫られた結果誕生した技術が関節ニュートラル整体なのです。

もう一度言います。

もしあなたが関節の痛みの90パーセントを改善できるセラピストを目指すなら関節ニュートラル整体をマスタすることをお勧めします。

簡単ではありませんが、強い意志を持ちあきらめなければ必ず実現します。

事実あなたの先輩がすでに活躍しているのですから安心してください。

現代は比較、納得、購入の時代です。

疑うなら私が育てた技術者の中でトップクラスに認定されているセラピストの施術を受けてみてください。

関節ニュートラル整体が再現性がある本物であることが確認できるはずです。