新型コロナウイルスについて書いてみます。

この病気は原因と対策は、世界の英知が集まって、究明されつつあります。

しかしながらマニアルの確立までにはもう少しです。

大切なことは正しい知識を得て、適切に恐れるということです。

自分は若いからとか、体力に自信があるとかという根拠のない自信を持つのは危険です。

またプラスティックや金属についたウイルスが数日間消滅しないことからも、うがいや手洗いの大切さがわかります。

マスクの効果は、ウイルスのついた手で直接口や目を触ることを防ぐことにもあります。

ウイルスのついた表面を手で触ることは危険であることを認識してください。

消毒用のエタノールが手に入らないとしても適切に手を洗うことでウイルスを落とすことができるのです。

また多くの人が手を触れるドアノブや手すりの消毒も,入手困難なエタノール消毒の代用品として、効果が確認されている次亜塩素酸の消毒液を自分で作ることができるのです(新型コロナウイルスに対する有効性は確立されていませんが、詳しくはネット情報で確認してください)。

私自身スギやヒノキ,どの花粉症やダニなどのアレルギーがあります。

今まではレンコンヨーグルト(埼玉医科大学の和合教授が考案した方法です)だけで対応してまいりました。

もちろんアレルゲンを吸い込まないために、マスクやウイルスをブロックするスプレーや鼻の中にワセリンを塗布する予防策も必要です。

しかしながら、それらのグッズがすべて不足している現在、最も効果的な(私の場合ザイザルが最も合うようです)抗アレルギー薬を医師の診断の元初めて使用しています。

その理由は、マスクをしていないで咳やくしゃみをすると周りの人間に不安を与えるからです。

実はマスクのフィルターはウイルスを通過させない程度の精度はありません。

わかりやすく例えてみます。

例えばバレーボールのネットにバレーボールが当たっても通過しません。

それがパチンコ玉のサイズだとどうでしょうか?

マスクのフィルターはウイルスに対してとても大きいので対応できないのです。

しかしながら、飛沫の拡散の予防の効果となるとある程度有効なのです。

空気感染はしないのですが、空気中に漂っているとされる時間は3時間もあるのです。

したがってうがいや手洗いは感染予防に欠かせることができないのです。

また睡眠不足や栄養不足も体力が低下し感染しやすくなるので注意が必要です。

ソーシャルディスタンスという言葉があります。

人との距離を最低1・8メートル開けることで飛沫感染の予防に効果があるのです。

この文章を着ている際にも、無意識に顔や目の周りを触っています。

しかしながら、手の指を消毒しているので安全なのです。

シンガポールなどでも、マスクは効果がないなどという誤った情報を流したことがあります。

マスク不足でのパニックを防ぐために政府があえてうそをつくケースもあるのです。

大切なことは次の3点です。

1、数字で考える。(数字)

2、実際に起きたことで考える。(ファクト)

3、筋道を立てて考える(ロジック)

そして歴史(世界史)と地理を学ぶことでタテヨコの思考ができるようになるのです。

これは私が敬愛する出口治明先生(APU学長)が提唱した考えです。

出口先生はまた、人、本、旅で教養が高まるということを歴史から学んでいます。

人にあったり旅行が制限されている今こそ、次にあげる本を読むことをお勧めします。

出口先生の書いた世界史の本を7冊以上読む。

半藤先生の書いた日本史(幕末氏,昭和史)を読む。

代替医療解剖(代替医療の歴史がわかる)を読む。

現代文のカリスマ,出口先生の本を読んで論理の勉強をする。

脳科学の権威(海馬の博士)池谷裕二先生の本を7冊以上読む。

佐藤優氏の書籍を7冊以上読む。

池上彰氏の書籍を7冊以上読む。

ベストセラーではなく,古典(岩波文庫など)を読む(出口先生がおすすめしていますが、私自身正直これはできていません)

もう一度言います。

世界史は感染症の歴史ともいえます。

情報を正しく集めることで、むやみやたらに不安になることが軽減されます。

教養はただ単に本を読んで知識があるだけでは熟成しません。

自分の頭で考え,自分の言葉で話し、自分の意見を言えるセラピストになりたいものです。